NEW CHIBA TRAIN NET

鉄道模型や写真などを掲載したサイトです。

【車両図鑑】電車/ローカル私鉄(東海)

伊豆急行

伊豆急行線は、伊東駅と伊豆急下田駅間 45.7km を結ぶ全線電化・単線の観光路線で、1961年の開業以来東海道本線より国鉄・JRの優等列車も乗り入れています。
自社車両としては、開業時に登場した 100系が 2002年まで使用されていましたが、200系(JR東日本から譲渡された 113系・115系)に置き換えられ引退となりました。
現在は、2100系及び 8000系(元東急 8000系)が運用されています。

鉄道コレクション

100系①/高運転台車

100系の運転台は低運転台が主力でしたが、第18弾では、1964年以降増備され高運転台となったグループからクモハ125+クハ152の2両が製品化されました。
ヘッドライトの位置が貫通扉上2灯から前面窓下4灯となっています。

投稿記事を読む

100系②/初期型低運転台車

伊豆急行100系は、第18弾で高運転台の後期型が製品化された後、オープンパッケージでクモハ123-クハ157が製品化されました。
こちらの車両は開業当初に導入されたグループで、前面は低運転台となっています。

投稿記事を読む

100系③

自分が所有する3編成目の伊豆急100系で、クモハ122+サハ186+クモハ103の3両編成です。
クモハ122は1961年の同鉄道開業時に導入された片運転台車で、サハ増結用として重宝された他、貨物列車牽引でも使用されていました。

投稿記事を読む

伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道は、伊豆地方にある駿豆線(三島駅-修善寺駅間)19.8kmと、小田原から延びる大雄山線(小田原駅-大雄山駅)9.6kmの2路線を運営しています。
以前より元西武鉄道の譲渡車両を運用してきました。1979年以降は自社発注車両も導入、2008年以降は西武鉄道新101系の譲渡車も運用しています。
大雄山線は車両限界の関係から、18m級車両が運用されています。

鉄道コレクション

1300系①

伊豆箱根鉄道1300系は元西武鉄道の新101系で、老朽化した1100系の置き換え用として2008年に登場しました。
鉄道コレクションでは1301編成がオープンパッケージで製品化されました。

投稿記事を読む

3000系

3000系は、駿豆線の老朽車両の置き換えと車両の大型化・冷房化を目的とし1979年に登場した自社発注車で、1987年以降に増備された2次車2編成ではJR東日本211系に準じた軽量ステンレス車体が採用され、211系に近い印象となりました。

投稿記事を読む

7000系

7000系は、老朽化した1000系の置き換え用として1991年と1992年に3両編成1本づつ(計2本)が駿豆線に導入されました。
先頭車の窓配置はJR東海313系に準じた構造となり、中間車はJR東海213系に酷似した片側2扉構造となったのが大きな特徴です。

投稿記事を読む

静岡鉄道

静岡鉄道は、静岡市葵区の新静岡~清水区の新清水駅を結ぶ 11.0kmの路線(静岡清水線)を運営する鉄道で,かつては自社工場で製造した車両や他からの譲渡車が運用、1973年以降は全列車が 1000形により統一されていましたが、現在は1000形の老朽化に伴い、今後は A3000形へ置き換えが順次実施されます。

鉄道コレクション

1000形

静岡鉄道1000形は、それまで運用されていた旧型車の置き換え用として1973年に登場した車両で、1985年までに2両編成12本が製造されました。
18m級3扉のステンレス車体で、前面は非対象の大型2枚ガラスを採用した非貫通形のデザインを採用しています。

投稿記事を読む

A3000形/3001F

老朽化した1000形の置き換え用として導入された車両で、形式の前に「新たな活性化」などの意味を込めた「A」が加えられました。
A3000形のA3001F編成(A3001-3501)は、「富士山」をイメージしたクリアブルーのカラーでラッピングされ、2015年3月に営業運転を開始しました。

投稿記事を読む

A3000形/3002F

A3002F編成(A3002-3502)は、「いちご」をイメージしたパッションレッドのカラーでラッピングされ、2017年3月に営業運転を開始しました。

投稿記事を読む

A3000形/3003F

A3003F編成(A3003-3503)は、「お茶」をイメージしたナチュラルグリーンのカラーでラッピングされ、「安全・自然」を表現しています。

投稿記事を読む

A3000形/3004F

A3004F編成(A3004-3504)は「みかん」をイメージしたプリリアントオレンジイエローのカラーでラッピングされ、「暖かさ・幸福感」を表現しています。

投稿記事を読む

A3000形/3005F

A3005F編成( A3005-3505)は、「駿河湾」をイメージしたエレガントブルーのカラーでラッピングされ、「上品・信頼」を表現しています。

投稿記事を読む

A3000形/3007F

3000形のA3007F編成(A3007-3507)は、「桜エビ」をイメージしたプリティピンクのカラーでラッピングされ「かわいい・ロマンティック」を表現しています。

投稿記事を読む

A3000形 A3008F

3000形の A3008F編成( A3008-3508)は、「ワサビ」をイメージしたフレッシュグリーンのカラーでラッピングされ、「新しさ・優しさ」を表現しています。

投稿記事を読む

 

A3000形 A3010F

静岡鉄道 3000形の A3008F編成(A3010-3510)は、レインボートレインとは別のラッピング車両として2021年3月に営業運転を開始しました。

(掲載準備中)