NEW CHIBA TRAIN NET

鉄道模型や写真などを掲載したサイトです。

【鉄コレ】JR東海 213系5000番台

213系5000番台は近鉄線と競合する関西本線の名古屋・四日市地区の輸送改善用としてJR東海が導入された車両で、1989年から 1991年にかけて2両編成14本が製造され、同路線で運用され老朽化していた 65系を置き換えました。

岡山地区の0番台車を基本としながら、JR東海が1988年以降 211系5000番台に準じた仕様変更が行われました。

導入後は大垣電車区に配置され関西本線(名古屋駅-亀山駅間)で運用されていましたが、1999年に神領電車区に転属となり、2000年の関西本線での 313系によるワンマン運転が開始されると、213系は関西本線での朝・夕の運用と日中は中央本線の一部列車での運用に充当されるようになりました。

その後関西本線での運用から撤退し、2011年11月のダイヤ改正以降は 119系を置き換える形で飯田線用に転用されました。

鉄道コレクションでは、オープンパッケージで足回りがグレーに変更された以降の姿で製品化されました。

↑ クモハ211-5005

↑ クハ212-5005

↑ クモハ211-5005 前面の様子

↑ クモハ211-5005 側面の様子 その1

↑ クモハ211-5005 側面の様子 その2

↑ クモハ211-5005 側面の様子 その3

↑ クハ212-5005 側面の様子 その1

↑ クハ212-5005 側面の様子 その2

↑ クハ212-5005 側面の様子 その3

↑ パンタグラフの様子

↑ 台車の様子

↑ クハ212-5005 運転台付近の様子