NEW CHIBA TRAIN NET

鉄道模型や写真などを掲載したサイトです。

【鉄コレ】クモハ123‐3

可部線用として1987年に導入されたクモハ123は、JR東日本のクモハ123-1同様、クモニ143から改造されました。

クモハ123-1や40台同様、両端2ヵ所に片側扉を配置していますが、側面窓の形状は上部分の3分の1が手前に開く大型窓となっていて、座席はキハ54形などで採用されたバケットタイプとなりました。

塗装は白地で車体裾部分に青帯が2本入ったデザインとなり、前面には排障器(スカート)が装着されました。

改造時に第ニパンタグラフが撤去され、集中式冷房装置が搭載、前面は導入当初は種車のまま非貫通構造となっていましたが、1993年に貫通扉が設置されました。

鉄道コレクションでは、第20弾で導入時の非貫通構造の姿でクモハ123-3が製品化されました。

↑ クモハ123ー3

↑ 前面の様子

↑ 側面の様子 その1

↑ 側面の様子 その2

↑ 側面の様子 その3

↑ パンタグラフの様子

↑ 台車の様子

↑ 反対側 運転台付近の様子。 

 多少スカートが曲がってるのが気になりますが・・・鉄コレの品質なんて

 こんなものです。